はじめまして!

私は、今年12歳になる男の子のママです。

フォトグラファーになる前は、

客室乗務員として飛び回っていましたが、

息子の妊娠をきっかけに、大好きなカメラの勉強を始め、

スタジオを手掛けて13年目になります。

元来、凝り性な私は、

「やるとなったらとことんやる!」

という性格なので、

妊娠中から写真学校に通い、

出産した後も毎年海外へ出向き、

トップフォトグラファーから、

マンツーマンで撮影方法を学び続けています。

そんな中、光栄な事に全国から

我が子のニューボーンフォトを

撮影して欲しいという依頼を

受けるようになりました。

時には海外からも!笑

 

大変嬉しいことではありますが、

なにせ学校に通う子供がいる身。

そうそう、出張はしていられないのです。

そこで、泣く泣くお断りするのが現状です。

それでも、

「どうしても私のスタジオで撮影したい。」という方は

最高で往復10時間掛けてお越し下さったり、

ニューボーンフォトを諦めて、

百日祝いまで待って下さる方がいらしたり・・・

 

嬉しい悲鳴ですが、

産後のママや赤ちゃんへの負担考えると、

​往復何時間も掛けて

私のスタジオへお越し頂くよりも、

お客様のご自宅の側のスタジオか、

ご自宅へ出張してくれる

フォトグラファーに撮影してもらった方が

良のではないかと常々思っておりました。

 

そこで、全国に私から撮影技術を習得した

フォトグラファーが増えてくれれば、

お客様が、ご自宅の近くで活動している方に

依頼することが出来るのではないか?

​と考え、ワークショップをスタートしました。

2017年9月には、日本人で初めて、

アメリカでトップのマタニティー&

ニューボーンフォトグラファー

Ana Brandtさんを、

オーストラリアでトップの

マタニティー&ニューボーンフォトグラファー

Jade Gaoさんを、

私のスタジオにお呼びし、

日本のフォトグラファーの

技術向上の為に

​ワークショップを開催しました。

写真先進国である欧米の国々では、

フォトグラファーが

学校以外で個人に撮影技術を

学べるワークショップが

盛んに行われていますが、

日本でのお仕事の都合上、

海外までワークショップを

受けに出掛けるのは、

難しいという方も

いらっしゃるでしょう。

 

 

既にニューボーンフォトの撮影を

手掛けるフォトグラファーは、

自然分娩で出産される

お客様の撮影依頼が

いつくるかわからないので、

なかなか長期で日本を離れるのは

大変だと思います。

 

 

あなたが、もし、ママであるなら、

先ずは、旦那様の承諾を

得なければいけないでしょう!

 

そして、旦那さんがOKを出したとしても、

今度は、子供をどこに預けるか?

等の問題が山積みですね!

ママである私が、

旦那さんと息子を日本に置いて、

海外のフォトグラファーの

ワークショップを受けるということが、

どんなに大変なことか、一番知っているので、

私の様なママが、日本にいながらにして、

撮影技術を身に付けられる様に

お手伝いしたいと思っています。

 

 

もちろん、ママでない女性にとっても、

海外の観光地ではない、

見ず知らずの土地にあるスタジオに訪れ、

ワークショップを受けるのは、

大変なことです。

 

既にフォトグラファーとして

活躍されている方にとっても、

長期の休みを取って海外に出向けるのは、

ラッキーでも年に一度。

そうそう、簡単にチャンスは訪れません。

 

海外でのワークショップは、

自分が教えて欲しいことを伝えたり、

スケージュールの調整のために、

メールのやり取りをするのにも、

時間が掛かりますし、

飛行機代、

ホテル代、

食事代、

現地での移動代、、、

トップフォトグラファーと

通訳に報酬を支払うと、

1回のトータルコストで

車が買える程の金額になります。(笑&涙)

 

​そんなわけで、大変な思いをして

習得してきた技術を、

日本で教える事が出来れば、、、と思い、

ニューボーンフォト のワークショップを

不定期に行なっております。

 

開催場所は、

神奈川県横浜市保土ヶ谷区にある

私のスタジオです。

開催​時間は、

地方の方々も日帰り出来る様、

朝10時から17時までとなっております。

 

フォトスタジオムーンテラス

(Moonterrace Photography)の

ワークショップは、

私が12年間で

世界のトップフォトグラファー達から

習得した技術を、

余すことなくお伝え致します。

 

「少人数で、じっくり勉強したい。」

 

「日本語で説明を受けたり、質問したい。」

 

「実際に、色々な撮影道具を見て見たい!」

 

「主婦である私がどの様にしてスタジオを

建てたのか​話を聞いてみたい!」

​という方にオススメです!

尚、ムーンテラスでは、

私のスタジオのお客様でもある

小児科医の先生や

現役の助産師さんに

実際の撮影を見学して頂いたり、

ニューボーンフォトの撮影に

必要な知識を提供して頂くなど、

安全性を高める努力をしております。

安全なニューボーンフォトを撮影出来る

フォトグラファーが増えることが

ワークショップの目的なので、

小児科医から提供して頂いた知識を

​皆様と共有しいたいと考えております。

こちらのページでAna Brandtの

ワークショップの模様をご覧頂けます。

こちらのページでJade Gaoの

ワークショップの模様をご覧頂けます。

 

ワークショップをご受講されるにあたり・・・

自宅での開業を目指しているのか?

出張撮影を行なっているのか?

スタジオにお勤めなのか?

又は経営をしていらっしゃるのか?

​それぞれの状況で

ワークショップの内容も変わってきます。

普段、どの様なお写真を

撮影しているのかを事前に知ることも、

ワークショッップの内容を

プランニングするにあたり、

大切な要素となってまいります。

その為、お問い合わせ時に、

ご自身の撮影した作品がわかる

ホームページやFB,インスタのリンクを

事前にお知らせ頂いております。

​ご協力をお願い致します。

お申し込み頂いた方の活動内容を踏まえ、

受講頂ける方には、

​ワークショップの詳細をお送り致しますので、

お申し込みフォームより

ご登録をお願い致します。

ご興味のある方は、

こちらから内容をご確認下さい。