安全への取り組み
20200919-47合成.jpg

日本でニューボーンフォトが

流行り始めて、

数年経ちますが、

まだまだ、認知度は低く、

特に初産のママにとては、

産後に自分がどういう状態に

なるのかも想像出来ないのに、

写真撮影というところまで思いが

及ばないという方も

いらっしゃるかもしれません。

更に、ママやパパのご両親から

「産後すぐに写真撮影するなんて、

赤ちゃんが可哀想。」

とか、

「産後1ヶ月は外出しちゃダメ。」

と反対され、

泣く泣く撮影を諦めるなんてこともあるようで、

生後半年とか1年経ってからスタジオに訪れ、

「本当はニューボーンフォトも

撮りたかったんです。」と

残念がるお客様のなんと多いことか!

しかしながら、

ニューボーンフォトが発祥アメリカでは

ほとんどのニューボーンフォトグラファーが

自宅等にスタジオを構え、

出産したママたちのほとんどが

生まれたての赤ちゃんをスタジオに

連れて行くのが当たり前となっています。

そこで、同じ人間なのに日本人だけが、

産後1ヶ月はママも赤ちゃんも​

家でじっとしていなきゃいけない?

と思っているのかという疑問です。

お隣の国、中国に関して言えば、

もっとその傾向は強く、

写真撮影は100日祝いまでお預けで、

産後のママはお風呂も

1ヶ月入らない方が良い。

とさえ信じられている程です。

一方ニューボーンフォトの本場

であるアメリカでは、

産後2,3泊で退院する事が多く、

生後1週間以内で

ニューボーンフォトを

さらっと撮影します。

文化の違いなのか、

出産に対する感覚の違いなのか、

そこには、大きな違いがあるのは

間違いありません。

もちろん、出産って、

本当に大変な負担が掛かることなので、

人によっては、

安静にしていた方が良い場合もありますし、

赤ちゃんがNICUに入ってしまう

ケースもありますので、

無理に産まれたばかりの姿を

残さなくても・・・

という意見も理解出来ます。

ただ、要らぬ心配をして

せっかくの可愛い我が子の生まれたての姿を

写真として残すチャンスを逃すのも

もったいない話でもあります。

 

フォトスタジオ ムーンテラスでは、

毎年、最新の技術を習得するために

ニューボーンフォトの本場に

​出向いたり、

スタジオのお客様でもある

小児科の先生や助産師の先生に

お子様のニューボーンフォトの撮影を

始めから終わりまで見学して頂き、

安全性について専門家からの

ご意見をを伺うなど、

より安全なニューボーンフォトの

撮影を目指し、

日々努力を重ねております。

 

正しい知識を持った上で、

ニューボーンフォトを撮影出来る

フォトグラファーのいる

フォトスタジオで可愛い赤ちゃんの

生まれたての姿を残しませんか?