Q:そもそも、新生児と呼ばれる時期に写真を撮って大丈夫?

​ニューボーンフォトが流行り始めて、数年経ちますが、

まだまだ、認知度は低く、特に初産のママにとては、

産後に自分がどういう状態になるのかも想像出来ないのに、

写真撮影というところまで思いが及ばないかもしれません。

更に、ママやパパのご両親から

「産後すぐに写真撮影するなんて、赤ちゃんが可哀想。」

とか、

「産後1ヶ月は外出しちゃダメ。」

と反対され、泣く泣く撮影を諦めるなんてこともあるようで、

生後半年とか1年経ってからスタジオに訪れ、

「本当はニューボーンフォトも撮りたかったんです。」と

残念がるお客様のなんと多いことか!

しかしながら、

ニューボーンフォトが発祥アメリカでは

ほとんどのニューボーンフォトグラファーがスタジオを構え、

出産したママたちのほとんどが生まれたての赤ちゃんをスタジオに

連れて行くのが当たり前となっています。

そこで、同じ人間なのに、日本人だけが、産後1ヶ月はママも赤ちゃんも

​家でじっとしていなきゃいけない?と思っているのかという疑問です。

お隣の国、中国に関して言えば、もっとその傾向は強く、写真撮影は100日祝いまでお預けで、

産後のママはお風呂も1ヶ月入らない方が良いとさえ信じられている程です。

一方アメリカでは、産後2泊で退院するのが普通。

そして、生後1週間以内でニューボーンフォトをさらっと撮影します。

文化の違いなのか、出産に対する感覚の違いなのか、

そこには、大きな違いがあるのは間違いありません。

もちろん、出産って、本当に大変な負担が掛かることなので、

人によっては、安静にしていた方が良い場合もありますし、

赤ちゃんがNICUに入ってしまうケースもありますので、

無理に産まれたばかりの姿を残さなくても・・・という意見も理解出来ます。

ただ、要らぬ心配をしてせっかくの可愛い我が子の生まれたての姿を

写真として残すチャンスを逃すのももったいない話。

 

そこで、小児科医でもあり、

フォトスタジオ ムーンテラスでニューボーンフォトを

実際に撮影した経験のある藤田真弥様にニューボーンフォト撮影の

安全性について専門家からのご意見をを伺いました。

 

正しい知識を持った上で、

お客様自身が撮影するか否かを判断して頂ければと思い、

​先生に伺ったことをまとめています。

少しでもニューボーンフォトの撮影をご検討中の皆様への助けになれば幸いです。

WORKSHOPには、3種類の参加方法がございます。

Aパターン

 

ムーンテラスで実際に行われる

撮影を見学して頂く方法。

12万5千円

​↓

11周年記念キャンペーンにつき10万円

お客様の撮影を進めることが最優先されるので、

手を止めてまで細かい説明はしませんが、

作業をしながら説明していきます。

実際の撮影を見る事で学べることは無限にあります。

私も、世界のトップフォトグラファー達が

実際にお客様をスタジオで撮影する現場を

ワークショップという形で見せて頂いた経験が

何度もあります。

メリット:

 

①実際のお客様にモデルをお願いするので、

改めてモデルを探す手間がなく、比較的日程を決めやすいです。

②お客様への対応方法、撮影の進め方が目の前で

学べるので、より実践的です。

③いちいち手を止めて説明するより、流れを見て頂けますので、

沢山のパターンをご覧頂けます。

​お客様が帰宅された後に質問時間を設けます。

※撮影中にワークショップを行う事を了承して下さる

お客様が見つかることが​前提です。

Bパターン

 

不定期で行う

グループレッスンに参加して

頂く方法。

 

 15万円

11周年記念キャンペーンにつき12万5千円

 

生徒さんが理解出来ているかが最優先されますので、

何か質問がある方がいらっしゃる場合は、

作業を中断して説明することもあります。

 

 

メリット:

①わからないことがあれば、その都度質問してける点です。

皆様が理解出来ているかを確認しながら進めて参ります。

②他のフォトグラファーと情報交換が出来ます。

尚、実際に赤ちゃんを撮影して頂きますので、

パターン数は見学するより少なくなります。

(スタジオの都合で不定期に行いますので、発表があるまでお待ち頂く事が前提です。)

Cパターン

 

マンツーマン 20万円

11周年記念キャンペーンにつき15万円

個人レッスンの場合は、お互いのスケジュールを

調整して日程の候補日を決めます。

その後、モデルさんが見つかった段階で、ワークショップを開催致します。

​メリット:

個人レッスンの場合は、お互いのスケジュールを

調整して日程の候補日を決めます。

その後、モデルさんが見つかった段階で、ワークショップを開催致します。

​メリット:

①内容に関しては、勉強されたいことに

​集中して受講することが可能です。

②フォトショップは私がいつも行なっていることでしたら

教えることが可能ですが、英語バージョンで教えます。

(海外のアクションを使用しているため。)